文化 的 な 日々。 文化的な日々

文化的多様性に関する世界宣言:文部科学省

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

この点に人類と類人猿の違い、ひいては文化の発生を認めるのが通説であるが、これに対して、類人猿にも言語が芽生えているし、文化の萌芽 ほうが があるとして、これを原文化proto-cultureとよぶ考え方もある。

1

文化的多様性に関する世界宣言:文部科学省

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

「現代人の社会学・入門 グローバル化時代の生活世界」p130-131 西原和久・油井清光編 有斐閣 2010年12月20日初版第1刷発行• また、農林水産業に関連して形成された文化的景観に加え、都市域における文化的景観も保護対象に含まれるところにも、文化財保護法における文化的景観の特徴を見ることができます。

5

文化的な日々

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

衆議院• 創造性という面での多様性を開花させるためには、「世界人権宣言」第27条及び「経済的、社会的及び文化的権利に関する規約」第13条、第15条に定義された文化的権利の完全実施が必要である。 つまり,同じような文化の発達段階にある社会の間におけるな特徴の,文化変容,比較的個性的な人々による外国文化の修得,あるいは長い間における文化の要素の進化によって変化が起るのである。 そこには、少なくとも理念としては、人間の営みを充実向上させるうえで新しい価値を創造するという意味が含まれている。

19

文化とは

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

これらの一部分を構成して相対的な独自性をもつものをサブカルチャー(下位文化)という。

13

景観研究室 文化的景観とは

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

」とうたわれていることを改めて想起し、 さらに、その他の目的とならんで、「言語及び表象による思想の自由な交流を促進するために、必要な国際協定の締結を勧告すること」をユネスコに義務付けた国連憲章第1条をさらに想起し、 ユネスコが制定した国際協定の文化的多様性と文化的権利の行使に関する規定に言及し、文化とは、特定の社会または社会集団に特有の、精神的、物質的、知的、感情的特徴をあわせたものであり、また、文化とは、芸術・文学だけではなく、生活様式、共生の方法、価値観、伝統及び信仰も含むものであることを再確認し、 文化は、アイデンティティー、社会的結束、知識に基づく経済の発展という問題に関する今日の議論において、核心となっていることに留意し、 国際平和と安全保障実現のための最善策は、相互信頼と理解に基づいた文化的多様性、寛容、対話、協力の尊重であることを確認し、 文化的多様性の理解、人類調和の意識及び異文化間交流の促進に立脚した、全世界のさらに強い結束を目指し、 新たな情報・通信技術の急速な発展によって促進されているグローバリゼーションのプロセスは、文化的多様性にとっての問題点も(同時に)提起しているが、異文化間・異文明間の新たな対話のための条件を整えるものであることを考慮し、 国連システムの中でユネスコに託された、豊かな文化的多様性の保存・振興を保障するという任務を認識し、 以下の原則を宣言し、本宣言を採択する。 の芋洗いの項目を参照• prop this,"elements" ;return a? 文化資本と社会構造 [ ] は、社会における支配階層は権力によって、文化の洗練さを規定し、そうして規定した洗練されたとするを維持するを獲得することで権力を再生産するとした。

文化的多様性に関する世界宣言:文部科学省

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

たとえば国家、民族、部族、地域、宗教、言語などのレベルで、アメリカ文化、漢族文化、エスキモー文化、オセアニア文化、イスラム文化、ラテン文化などがあげられる。

4

文化的多様性に関する世界宣言:文部科学省

日々 文化 的 な 日々 文化 的 な

受容後は中国などからの影響も受けつつも、日本独自の宗派も発達し、との融合なども行われた()。

14